<< アサイン出て思うことなど | main | バレた?(^^;) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
オリンピック期間中のホテルについて
 大ちゃんファンでオリンピック観戦を検討中の方も多いと思うので。

先日バンクーバーに行ったときに、オリンピック期間中のホテルの
予約について、聞いてきたことをご紹介します。

バンクーバー市内のホテルは、9月までは期間中の部屋の予約を
受けてはいけないとオリンピックコミッティーから言われているそうです。
どうやら、メディアや関係者用にお部屋を押さえて、その後、一般の
お客さんに、ということらしいです。
(ベストウェスタン系列ホテルのフロント担当者情報)
なので、8月くらいにメールか電話で直接問い合わせてほしいとの
ことでした。

私自身は、現時点では、チケットが取れたらオリンピックには行きたいとは
思っていますが、これまでの経験から、オリンピック期間中はものすごい
値段設定をしてくるホテルが多いので(普段1万円くらいのところが4万円とか)、
知り合いがいるので最悪知人の家に泊めてもらおうと考えていますが
悪くないレートで取れるものならダウンタウン内のホテルがいいなと
2軒ほど問い合わせをしてみました。 

ちなみにSLCとトリノのときは、ホテルではなくて、ホームステイ(SLC)、
ルームシェア(トリノ)という形態で宿泊先を確保しています。

ベストウェスタン系のホテルは、チェーンということもあってか、
応対も丁寧で、なるほどね、と思う情報をくれました。 
もう1軒の、ガイドブックには載ってないような地元のホテルのフロントの人は、
聞かれたくなかったようで、夏にメールで問い合わせてということでした。
どこもおおっぴらにはしてないし、上記のようにできない事情があるようなので、
旅行会社のパッケージを使わない人は、個別に当たるしかなさそうですね。
もしくはホームステイのサービスを探すとか。

車の運転ができるなら、レンタカー借りて郊外に宿泊という手もありかと思います。
まぁ最悪、24時間営業のネットカフェなんて手も使えるかも?
(でも日本と違ってシャワーなどはないですけど)


この後は、とても固い話になってしまいますが、オリンピック観戦に関して、
自分の考えを書いておきますね。。

たまにご一緒してくださいとおっしゃる方、観戦についての情報を教えてくださいと
おっしゃる方がいらっしゃるので、現時点での自分の考えを書いておきますね。

観戦に関して役に立ちそうな情報は、このブログでの発信のみとし、
知り合い以外の方からメールなどでお問い合わせいただいても
個人的にお答えすることはしない方針です。

近々このブログの今後についての考えや、メール・コメントに関しての考えや
お願い事項を改めて投稿しますが、過去の投稿でも触れているように、当ブログは
いつまでどのような形態で継続させるかは現時点では未定です。
更新をストップするとしても、これくらいはシェアしておこう、と思う部分については
触れてから、ストップする予定です。

 私自身は、今の時点では、チケットが取れたら行きたいなぁと思ってますが、
一人で行くと思います。かつて一番応援していたプルシェンコも戻ってきて、
今度は大ちゃんとがっつり対決することになると私は思っているので、
いろんな感情をファンの人と共有する余裕はなさそうだからです。

私がファンの人とのやり取りの中でもっとも好きではないことの中に、
「自分の応援する選手が一番!」というのを押し付け合うことがあります。
これは自分にもあると思います。自分でも好きではありません(^^;)
もう何年も悩んできました。

オリンピックまで見に行こうかというようはファンの人は、それなりにみなさん
強い気持ちをお持ちなので(自分を含めて)、ああいう大舞台では見る方も
感情のセーブができにくくなりますし、私はそういうときは一人でいる時間が
必要なタイプの人間で、今回はファンになって10年以上のプルシェンコと
今や特別な存在の大ちゃんが揃いそう、しかも2人ともメダル候補という状況なので、
人の感情にお付き合いできる余裕はないと思っています。
これでエマが戻ってくるなんてことになったら、想像するだけで気が狂いそう(笑) 
まぁ、狂いそうになっても、戻ってきたいなら、戻ってこれるものなら、戻ってほしい
ですけど、私の周りの人たちは私のお守りがさらに大変になるかも?(^^;)
エマは競技には出なくても、オープニングやフィナーレなどのショータイムで
滑る可能性はあるようですし、地元在住なので、たぶん3人なんらかの形で
揃うと思います。3人が揃うのは、トリノ以来。
トリノ、本当にキツかったんですよ。。。

トリノのときは、面識のない方から、お部屋のオファーがあり、その方は
ネット上でコメントを読んだことがある方だった&知り合いの知り合いだったので、
お受けして、実際にお会いしてみたらとても素敵な方で、今ではお友達付き合いを
させていただいています。

トリノのときのルームメイトのみなさんにはまったくなんの不満もありません。
あのときのメンバーのみんなは、とてもいい人たちばかりで、お風呂の蛇口が壊れて
熱湯が溢れ出し、家のオーナーとコーディネーターを夜中に呼び出して、水道栓を
止めて1晩断水(トイレも使えなかった!)、男子フリーの日の当日朝にお部屋チェンジ
というハプニングはありましたが、みんなで協力して乗り切って、今となっては
いい思い出です。最後の夜のパーティーも楽しかった。
シャンペンとチョコが最高に合う!という発見もこのときにしました(笑)
でもそれ以外の部分は、自分の体調がよくない時期だったこともかなり影響して
(翌月初めに日帰りで内視鏡手術を受けたりしたのでした)
とってもとってもしんどかった試合でした。トリノのときのことは、
1月にサービス停止で消滅してしまった旧ブログでも、触れることができなかったし
今も人に話すことはあまりない試合の一つです。オリンピックには2度と行かないと
つい最近まで思ってました。 いろんなことが重なって、しんどかった。

今回はあのときとは、いろんな状況が違うので、よほど私の事情に関して
理解を示してくださる方でない限り、ご一緒するのは無理という判断をしています。
オリンピックでは、応援してた選手本人と接触したことはありませんが、
狭い街でのイベントなので、コーチや関係者に遭遇したことはあります。
SLC、トリノ、どちらも、SP失敗が絡むという難しい状況でした。

これまでも、大きな舞台で難しい状況に直面している選手やコーチたちと
接触する機会は何度かありましたが、そういうときは冷静に、率直に、誠実に
若干の余裕を持って接するように努めてきました。でもその分、一人になったときに
消化しきれなかった部分を整頓するという作業に向き合う必要もあったし、
そういう作業はものすごく消耗してしまうので、人に気を使う余裕がまったく
なくなって友達にさえ合わせられないとか、知り合いに挨拶してもらっても
極度に疲れているときなどは、反応ができなくなってしまうなどということも
ありました。私は感傷に浸るタイプではないので、そういう難しい状況のときに、
感傷に浸るタイプのファンの人といるのも私には難しい。それに相手にとっても
私がいろいろ重い話をしていくことが、負担になることもあるでしょう。
そういう時間に一緒にいて*お互いが*不快ではない人というのは、そうそう
出会えるものではないと思っているのでご一緒するのは無理、と申し上げておきます。

今後試合が迫ってくるにつれてメールをいただくことも増えるのではと
予想してちょっと堅苦しくなってしまいましたが、今回の投稿をさせていただきました。
そういう考えなので、オリンピックについての質問メールには一切お答えを
いたしませんし、ご一緒しましょうというお誘いについても、上記のような考えを
持っておりますので、ご了承ください。堅苦しいお話に長々とお付き合いいただき
ありがとうございました。

| News | 00:15 | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 00:15 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









CALENDAR

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

SPONSORED LINKS

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

Time in Vancouver

Weater in Van

Weather in Tokyo

Books DVDs CDs

 ** 編集中 ** 

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH