<< 不可欠な話。 important story about Eman | main | リハビリがてら。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
ゲンのいい場所 Halifax for Emanuel
ほかの短い記事。ハリファックスについてのいい思い出を語っています。

another article about Halifax for Emanuel.

http://thechronicleherald.ca/Sports/553455.html

エマの部分の抜粋。 Emanuel's parts.

Halifax special for Sandhu   By GREG GUY At Rinkside

EMANUEL SANDHU had just turned 14 when he competed in his first Canadian championships in Halifax in 1995.

That year, he won a silver medal in the novice men’s event.

"What’s really cool is I remember my parents driving all the way from Ontario in this huge car, my mom, my dad and my two brothers and the car was packed with blankets and food," the three-time Canadian champion recalled.

The 26-year-old Burnaby, B.C. resident says he feels he has a special connection to Halifax because it was where everything for his skating career started on a national scale.

He also notes Halifax is where he won his first Skate Canada in 2004, when the Canadian men swept the podium, with Ben Ferreira taking silver and Jeff Buttle the bronze.

"This place is really amazing to come back to. I’m really excited to be here," he says. "The people are always very friendly and very warm."

The men’s event begins today at 4 p.m. with the short program. Sandhu’s main rival is defending champ Buttle, 24, of Smooth Rock Falls, Ont.
要訳とツッコミ。

エマニュエルが国内選に初めて出場したのは、1995年のハリファックス大会、
14歳になってすぐのこと。ノービスでシルバーメダル。

エマいわく。

パパとママと、2人の弟たちと、大きな古い車に毛布と食料を積みこんで、
トロントからはるばるハリファックスまで、ドライブしたのがとても懐かしい
素敵な思い出。(家族が機能していたころの思い出かな?ちょっと切ない。。)

ナショナルレベルのスケーターとしてのキャリアが始まったこの土地に
特別な気持ちがある。

そして2004年の初めてスケートカナダで優勝したのもハリファックス。
そのときはベン・フェレイラ、ジェフリー・バトルと3人でカナダ男子が
表彰台を独占した。

ここに戻ってくるのはとても素晴らしい気分になる。ここに来ることにわくわくする。
人もいつもフレンドリーで温かい。

とエマが言っております。


・・・・・ひとつ(?)ツッコミさせていただきとうございます。

ハリファックス。2004年の夏、スケカナ@ハリファックスとパリ大会で
どっちに行くか私は迷っていて、ハリファックスにも行ってみたいんだ〜と言ったら、
「寒いだけでなんにもないよ!パリとハリファックスだったら、みんなパリがいいって
言うに決まってるよ!!」と力説の上、ジムのフロントをしていたおねーさんにまで
「ねぇ、ハリファックスとパリだったら、パリのがいいに決まってるよね!」と
詰め寄り、「パリ」と答えたおねーさんを得意げに見て「ほらね!」と言ったエマ。
私の友達いわく、ちょうどパリ大会の期間にエマの誕生日だったから、<パリで>
誕生日のお祝いしてほしかったんでねーの?とのことで。すごーく納得した私。 
そしてハリファックスでは優勝し、私が見に行った本人超オススメのパリでは
プチ自爆を披露してくれた。あのときノービスのときの思い出話なんて、
<の>の字も出てこなかったなー。[:ふぅ〜ん:]

BURN UP THE FLOOR  歌の話(訳す意欲激減につき超テキトーっす)

Although Sandhu is focusing on regaining the national title this week, his life after skating may lead to a music career.

He has his cover of Prince’s Purple Rain on his website www.emanuelsandhu.com through myspace.com.

He said on Tuesday he has co-produced and co-written another pop single called Burn Up the Floor.

Former world champ Elvis Stojko, who retired from skating last year, also plans a solo career in music.

"We could be the new boy band," joked Sandhu. One reporter offered the band’s title: "E-squared."

今は国内チャンピオン返り咲き目指して集中しているけれど、引退後の
夢は歌手になること。マイスペースで彼の歌が聞けると宣伝しとります。
で、自分もプロデュースに関わったシングル曲、Burn up the floorに
ついて話す、と。
去年スケート競技から引退した元ワールドチャンピオン、エルビス・ストイコも
音楽界でのキャリアを考えている。

エマがジョークを飛ばす。ぼくたち新しいボーイバンド作れるかも!
(ボーイってトシか? by miyuki@ガールじゃないお年頃)
あるレポーターがバンドのタイトルを提案。「E−squared(Eの2乗)」

(ES−squaredのほうがいいんでない?でかESとちっこいesのロゴで・・ 
もしくは ES pop stars とか 一人はパンク、一人は弾む ^^;)
スケカナのエキシビの前座としてビデオでスクリーンに流せば
意外とスケートファンにウケるんでは。
あ、イカン、つい笑いに変換してしまう癖が。。。ニョロ
| Article in English | 23:24 | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 23:24 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









CALENDAR

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

SPONSORED LINKS

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

Time in Vancouver

Weater in Van

Weather in Tokyo

Books DVDs CDs

 ** 編集中 ** 

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH