<< とりあえず。 | main | フリーを見て。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
記事 
記事があがっています。この人の記事はけっこう好きです。
エマファンでも安心して読める(^^;)のでどうぞ。

http://slam.canoe.ca/Slam/FigureSkating/2007/01/20/3414073-cp.html

エマの部分。

Sandhu, 26, who is from Richmond Hill, Ont., and trains in
Burnaby, B.C., had been first or second every year since 1998.
He won the Canadian title in 2001, 2003 and 2004 and was
runner-up to Buttle the last two years.

Sandhu landed a quad and five triples and was scored second
to Buttle in the free skating, but wound up third overall
with 207.49.

Canada has three men's singles berths for the world
championships in Tokyo in March, and Sandhu was too happy
to be among the top three and get the trip to gripe about
slipping a notch.

"The short program didn't help me," he said.
"That's something I want to work on.

"I came here for the title and I know that's what
cost me the title. I'm very proud of what I did this week.
I'm going to hold my head up high."

Bronze won't be so impressive beside all his gold and silver.

"It hurts a bit," he said. "I was hungry to get my
title back, to get another gold medal. I had put in the work
and felt confident I could do it. I was practising like
a champion all week. I competed like a champion today.
But I didn't compete like a champion (Friday) and
that's what took me out of the title position."


要するに、タイトルを意識しすぎて、結局はそのせいで
逃してしまった、と思っているようですね。
3位というポジションにはショックではあるけれど、
東京に行けるのは嬉しいと。
で、ここから先は、私の個人的な意見ですので、
どうしても気になる人だけお読みくださいまし。

エマにとっては、おそらく、4−3を跳ぶ自分が、4を入れて
こない選手の下になるのは、受け入れがたい現実だと思うけれど、
本当に勝ちたいのであれば、そろそろ、ジャンプ以外のつなぎや
スケーティングの部分に、もっと時間をかけないといけないかなぁと。
そういう部分は、タイミングや身体能力だけでは及ばない部分
と感じるので(要するに氷の上での努力時間)。
・・・現行のシステムで本当に勝ちたいならば。

勝ちより自分のスタイルにこだわるなら、4−3なり、4サル、
3A−3Tなり(今の上位選手たちのコンボ、3A−2Tだもんね)、
自分が「難しい」と思う技、時間をかけて習得してきたものを見せて、
新採点でイマイチ消化不良気味の観客を喜ばせるというテもありでしょう。
タイトルは取れなくても、大技がある程度入れば、彼の能力であれば
そこそこの成績は残せるし、人の記憶に残るスケーターにはなれる。

SPでもクワドにこだわってその両方を取るのは、現行のシステムでは
あまりにリスキー。でもたぶん彼はSPでクワドを跳ばないという
選択はアマチュアでいる間はしたくないんでしょうね。
4を跳ばないということは、後退を意味するものでしょうから。

どこかで折り合いをつけ、少しでも点数を稼いで少しでもいい成績を
取るか、高い理想を自爆とともにさらに追い求めるか。
今の彼は中途半端。自分の見せたいものをプログラムに選んだのだから
本当に見せたい彼のスケートというものを、少し落ち着いたら、
ちょっと考えてほしいなぁと思います。
| Article in English | 13:42 | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 13:42 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









CALENDAR

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

SPONSORED LINKS

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

Time in Vancouver

Weater in Van

Weather in Tokyo

Books DVDs CDs

 ** 編集中 ** 

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH